ビジネス 英語 検定

ビジネス 英語 検定

ビジネス 英語検定(えいごけんてい)は、ビジネス特化した英語の能力を測る検定試験である。英語検定は、狭義では「実用英語技能検定」を指す。広義では、「TOEFL」、「国際コミュニケーション英語能力テスト」(TOEIC)等の英語に関する検定試験一般を指す。

ここではビジネス 英語に関する検定だけでなく代表的な英語検定を紹介する。ただし、ここに紹介するものがすべてではない。

国際コミュニケーション英語能力テスト
Test of English for International Communication(TOEIC)。実用的な英語力を測定する試験。TOEFLと同じくETSが問題を製作している。学校教育の状況を想定している TOEFL に比べビジネス 英語の状況に近い。

実用英語技能検定
通称は「英検」。日本で創設された英語検定試験である。現在でも日本で最も受験者数の多い英語検定である。検定に合格することで進学や単位取得などで優遇される学校もある。近年ではTOEFLや国際コミュニケーション英語能力テスト(TOEIC)の知名度が高まったことで、かつてほど権威のある試験ではなくなっている。

TOEFL
Test of English as Foreign Language。米国のETSが問題を製作している。米国をなど北米英語圏の大学・大学院へ留学する際に一定のTOEFLのスコアが必要とされることが多い。

国際連合公用語英語検定試験
通称は「国連英検」。国際連合の理解、世界平和に貢献できる人材の育成を目的としており、国際人としての常識・資質が多く問われる。ただし名称から受ける印象とは異なり、日本国内でのみ実施されている試験である。

商業英語(国際ビジネスコミュニケーション)検定
 ビジネスで役立つ実践的な英語力に貿易実務を加えた資格。国際貿易にかかわるならB級以上を目指したい。メーカーや商社の貿易部門の就職にも有利。海外の企業と取引を行うには、英語を読み、話せ、英文での文書作成能力が要求される。また、貿易に関しての専門知識も必要になる。こうした実務レベルの能力を認定する試験が商業英語検定だ。

観光英語検定
 一般英会話や業界独自の専門用語、旅行やビジネスで来日している外国人への対応や細かな気遣いなどの知識を認定する資格です。




■英語後発組の決定版
英語コンプレックス解消法



■英語が苦手なエンジニアも
みるみる話せる
ビジネス英語通信教育
Copyright © 2006 ビジネス英語を身に付ける!ビジネス英語攻略の基礎知識. All rights reserved