拉致問題も条件に

米政府高官は6日、北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議で焦点となっている米政府による北朝鮮のテロ支援国指定解除問題について、日本人拉致被害者が北朝鮮に生存する場合、解除に向けた作業で「重大な検討材料」とする方針を明らかにした。

 被害者生存の具体的な情報があれば、北朝鮮によるテロ行為が継続しているとみなし、指定解除に応じない姿勢を示したものだ。また、被害者の存否を問わず拉致問題を「指定解除における検討材料のひとつ」と位置づけた。

 同高官は、指定解除に当たっては、「詳細な条件を定めた法規定がある」と指摘。具体的には、米大統領が議会への報告の中で、〈1〉北朝鮮が過去6か月以内にテロを支援していない〈2〉政権が交代するか政策が変わるかなどによってテロに関与しないことが明確になる??を認定することを明らかにした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070307-00000004-yom-int

拉致問題は日本だけが大騒ぎしている感がありますが、今回の件でどんな進展があるのか期待しちゃいます。

PR ビジネス英語




■英語後発組の決定版
英語コンプレックス解消法



■英語が苦手なエンジニアも
みるみる話せる
ビジネス英語通信教育
Copyright © 2006 ビジネス英語を身に付ける!ビジネス英語攻略の基礎知識. All rights reserved