ビジネス 英語をメールで極める

ビジネス 英語をメールで極める

ビジネスでのメールのマナーとは何でしょう?
ビジネス メールのマナー1:件名だけで内容が分かるようにする。
ビジネス メールのマナー2:受信者の名前を1行目に書く
ビジネス メールのマナー3:敬称をつける(アドレス帳に登録する際)
ビジネス メールのマナー4:送信者は最初に名乗ること
ビジネス メールのマナー5:改行をうまく使い読みやすくする。(30文字程度て改行する。
ビジネス メールのマナー6:署名を入れる

などがビジネスでメールで使っていて考えられると思います。まあ、一般的な事ですね。

それでは、ビジネス 英語の場で使う場合はどうなるのでしょう?ビジネス 英語では
ビジネス 英語 メールのマナー1:見た目より、中身で勝負
ビジネス 英語 メールのマナー2:言うべきことは明確に伝える
ビジネス 英語 メールのマナー3:相手を立てる(文章ではアメリカ人もとても穏やかなんで相手を尊重します)
ビジネス 英語 メールのマナー4:ケアレスミスをなくす。簡単なスペルや文法のミスは無くす。

ビジネス 英語ではちょっとだけ、気にするポイントが違ってきますね。ビジネス、ビジネスと言ってもいつも英語で話している、書いている人には敵わないです。ペンパル(pen pal)を見付けるのが一番いいかもしれませんね。




■英語後発組の決定版
英語コンプレックス解消法



■英語が苦手なエンジニアも
みるみる話せる
ビジネス英語通信教育
Copyright © 2006 ビジネス英語を身に付ける!ビジネス英語攻略の基礎知識. All rights reserved