ビジネスと英語

ビジネスと英語

ビジネスの世界では新卒の場合、一般に企業は即戦力を求めていないため、学生を単に英語だけで採用することは無くあくまでも人物本位です。大学はビジネス業界のための職業訓練所では無いですからね。ビジネスに飛び出していってすぐ使える人材なんかそういません。新卒を採用する際には、すぐ使える人材かよりも将来的な成長とそれに耐え得る人材なのかを考えます。ビジネス 英語もその時しゃべれなくても得点が低くてもその理由だけで不採用になることはないでしょうね。英語 研修を行なった際、しっかりと吸収しビジネスに活かせるかが重要となります。

しかし、国際部門で英語のできる事務職を探す企業などは明らかに英語がビジネスの実務レベルで使える人材を探します。その場合は、TOEICだけではなく英語での面接などによりビジネス 英語レベルを審査されます。求人情報を見ても英語を採用条件として提示しているところは驚くほど多いと思います。しかし、考えて下さい。あなたは通訳になりたいのですか?ビジネス 英語を完璧に使いこなす人を求めて採用条件に入れているわけでありません。あくまでも、英語はベースでありプラスビジネスの実務能力やビジネス経験があるのです。ただし、現実としては英語 の力があえば確実に有利な転職チャンスがあるでしょう。英語検定は良いビジネスチャンスを掴むちょっとした登竜門と考えてもいいと思います。そこにこだわり過ぎてはビジネスの世界ではうまくいきません。




■英語後発組の決定版
英語コンプレックス解消法



■英語が苦手なエンジニアも
みるみる話せる
ビジネス英語通信教育
Copyright © 2006 ビジネス英語を身に付ける!ビジネス英語攻略の基礎知識. All rights reserved