ビジネス 英語上司との付合い方

ビジネス 英語 での上司とのつきあい方

 ビジネス 英語の活用の場を考えてみましょう。外資系との取引き、外資系で働いている、海外で働いているといいう”場”でビジネス 英語を活用していると考えられます。  ここでは、外資系もしくは海外で働いている人を前提に話を進めてみたいと思います。ビジネスというのは仕事一般を指しています。そのためビジネス 英語というのは仕事で使う英語という意味になります。そのビジネスとどうしても切り離せないのが上司・部下とのつきあい方ですね。特に私たち(日本人という過程)と上司(外国人という過程)では共有している文化に違いがあります。そのため、ビジネスをしているなかでもなかなか意思の疎通が出来ないとうことがあります。それは英語がどうのとか英語での説明の仕方が悪いとかビジネス経験が少ないとかではない部分も多くあります。  外資系や海外の企業では「日本人に国際化」の意味を教えてやるぞという訳の分からないミッションを抱えている上司がいます。国際化=American wayなことが多いですが・・・。そのため、日本のビジネス界で通用してきたことが全然理解されないといったこともあります。特に外資系では日本のやり方にどうしても適応させないで自分(アメリカの)やり方を押し通そうとする人がいます。  自分が担当者を選べるならばビジネスをする担当者を変えることが出来ますが。そうじゃないケースが多いのがつらいとこですね。でも、その意思の疎通が出来ない根源は英語でなく文化というかバックグラウンドの違いだと理解しているだけで心の持ち方が大分違います。



■英語後発組の決定版
英語コンプレックス解消法



■英語が苦手なエンジニアも
みるみる話せる
ビジネス英語通信教育
Copyright © 2006 ビジネス英語を身に付ける!ビジネス英語攻略の基礎知識. All rights reserved