ビジネス 英語でのビジネス文書のマナー

ビジネス英語でのビジネス文書のマナー

ビジネスにおいてメールが伝達媒体として使われるようになってずいぶんの時間が経ちます。しかし、まだまだ紙の文書が必要な時は多くあります。

ビジネス文書の分類
ビジネス文書の分類 日本の場合
・社外と社内向け文書に大きく分類することが出来ます。

例えば、
社内向けビジネス文書は
計画書、報告書、稟議書、通達、議事録などの社内の情報を伝えるものや記録される文書

社外向けビジネス文書は
注文書、請求書、見積書、通知書などや、挨拶状、礼状などの文書

になります。

ビジネス英語に対応させてみましょう。
英語でのビジネス文書の分類 ビジネス英語の場合
多くの場合同じような分類があると思います。

構成
ビジネス文書 構成 1. 構成は前文・主文・末文の3本柱で…前文は慣用的な挨拶文ではじめます。「さて」「つきましては」などの言葉を使い、本題に入っていきます。ビジネス文書 構成 2. 敬語・謙譲語を使い丁寧な表現を心がける…頭語・結語など全体を敬語で表現することです
ビジネス文書 構成 3. 宛名は社名、役職名、担当者指名の順番に書く…敬称は、役職名のある宛名には「殿」、個人名は「様」、会社や部署あてには「御中」とします

ビジネス 英語 文書の構成は?
日本で言う所の商業文がビジネス 英語では一般的な文章になります。もっと平たく言えば小論文調のものですね。要するに大事なこと(論点であったり、提案)を始めに提示し、その補足説明を入れていくものです。文章のタイプにもよりますが、企画書などであれば極限まで凝縮して凝縮して余分な脂肪を絞り切ったモノがよい企画書として扱われます。そのビジネス 英語に関わらず企画書を読むのは上司だと思います。上司は忙しいです。完結にまとめられていて内容を把握出来るものの方が親切ですよね。もとデータまで含んだ30ページの企画書なんかだれも読む暇はないですもんね。




■英語後発組の決定版
英語コンプレックス解消法



■英語が苦手なエンジニアも
みるみる話せる
ビジネス英語通信教育
Copyright © 2006 ビジネス英語を身に付ける!ビジネス英語攻略の基礎知識. All rights reserved