ビジネス英語を身に付ける!ビジネス英語攻略の基礎知識


ビジネス 英語の心構え

ビジネス 英語は、受験やTOEFLなどを代表する英語検定と違い、実践的なものです。英語をいくらしゃべれても、中学生・高校生のようなしゃべり方でビジネスが出来るとは言えません。
そのため、いくら英語がしゃべれたとしても、ビジネスのノウハウが無ければビジネス 英語がしゃべれると言えないでしょう。それを表しているのが、ちまたのビジネス 英語の教材やHPから見て取れます。多くのものがビジネスマナーを学ぶものになっていると思います。

ビジネスとは

 ビジネスとは大きく捉えて商業上の取引きと考えていいと思います。仕事そのものをビジネスといったり、やらなければいけないことをビジネスという事もありますが、主に商談と考えていいと思います。このサイトでは、このビジネスの定義をもとにビジネスという言葉を使用していきます。

 まず、なぜビジネスの中で英語がそんなに必要なのでしょうか?本当にビジネスの中で英語が必要なのでしょうか?「やっぱり働く上でも英語が必須だからね!」なんてよく聞く言葉だと思います。そう言われてどのくらいの人がビジネス英語を猛勉強し、その後全然使わないで立派に仕事をこなしているでしょう。結局はどの業種についているかによりますが、商談で英語を必ずしも必要としているとは思いません。

ビジネス英語での自己紹介

 ビジネス 英語を話す上で自己紹介はとても大きな難問であり、打ち解ける一番の手段です。自己紹介で今後 ビジネス を共におこなっていく上で重要なポイントになります。自己紹介では、共通理解が有る場合には多くの部分を省いて自己紹介をすることが出来ます。

 しかし、 ビジネス 英語もしくは外国人とのコミュニケーションを取る場合には共通理解が全くない場合があります。出身地は?という問いに対しても誰もが地元を知っているとは限りません。そのため、多くの場合 ビジネス をはじめる前に関係の構築とともにお互いの文化の違いを埋め合わせていかなければならないのです。それが ビジネス において英語で自己紹介することによって解決されればよりスムースに ビジネス に入っていけるのではないでしょうか。

ビジネス英語での 挨拶

 ビジネス に関わらずコミュニケーションの初期段階として挨拶は書かせないものです。 ビジネス 英語においてもやはり始めの挨拶はとても重要な役割を担っていています。

 どのように?それは日本人でも外国人でも自然と身に付いていることが多いと思います。そしてその重要性も明らかに自覚してなくても挨拶は重要なことは理解していると思います。特に ビジネス 英語の場合には違う文化、違う言語圏で生活していた人たちがお互いの利益のために目標を定め向かっていくものです。なので ビジネス 英語の場面において挨拶はより重要なものになるでしょう。

  ビジネス 英語で挨拶というと"Nice to meet you."と中学校の教科書で習ったような例文がありますが、日本語がそのように ビジネス 英語でも同じく様々な挨拶文があります。状況や親密度によった適切な挨拶をしましょう。

 

ビジネス英語でのメール

 今では ビジネス 英語と言ってもメールによるやり取りが多いと思います。友人の中には会話はよく分からないけどメールだと意図が分かりやすいねと褒められている人がいます。関係の構築としてメール効果がそれほど高いとは考えていません。

 しかし、 ビジネス の中で ビジネス 英語を使って他者と仕事をする際にメールはやらないとか英文は書けないなんて言ってられない時代です。メールは、英語の ビジネス 文章とは違いメールにはメールのルールがあります。それをしっかり理解していることで文法が強い日本人にとっては最良のツールとなります。

 ビジネス 英語を話せない?なにを言ってるのか分からない?単語の意味が分からない?メールは無限に書き返すことも読み返すことも何時間もかけて単語の意味を調べることも自由に出来ます。 ビジネス 相手との共通理解を得るためにも ビジネス 英語が苦手ならメールを併用して効果的に使って下さい。

ビジネス英語での 翻訳

  ビジネス 英語の翻訳は、対海外企業とのやり取りの中では必要不可欠なものになります。 ビジネス 英語の中には専門的なものが含まれるのは当たり前ですが、それと同時に法律的な用語など普段使っている ビジネス 英語でも全く理解不能な書類が届くことになります。

 ビジネス ではコントラクトを作成し、お互いの同意を求める機会がとても多いです。その ビジネス コントラクトの内容をあいまいに理解したままでは場合によっては不利益な結果になることも考えられます。 ビジネス の場で不利益になるということは何らかの損失が考えられます。

 そのため、如何にその損失を未然に防ぐかを考えなければ行けませんが、コントラクト自体の理解度が低いだけであれば専門サービスなどを利用して翻訳してもらうことでそれを防ぐことが出来るでしょう。 ビジネス 英語と一般的に言われる場合、いかに相手とコミュニケーションを取れるか、 ビジネス ライクな会話が出来ると言った初歩的な面に注目されがちです。

 しかし、実際は ビジネス といったファーストコンタクトから商談成立まで総括的にみて必要なスキルやサービスを確保する事が望ましいと思っています。

ビジネス英語での辞書

 ビジネス 英語の特長としてあげられるのは、普通の英語と違いより専門性があるということがあげられる。要するに自分が属する業種によって頻繁に使われる専門的な用語があるということである。普通の会話は問題ないんだけど ビジネス 英語になるとというひとはこの問題に直面していると言えます。

 どのようにその単語力を補うか。それは、もう努力しかないですね。単語を調べて使うこれ以外にないのでは無いでしょうか?ここでは、数多い辞書について紹介します。

ビジネス英語 インターネットで使える辞書

インターネットで使える辞書一覧
英語 日本語両引き
英辞郎
excite辞書
goo辞書
yahoo辞書
Livedoor辞書
infoseek辞書

英英
dictionary .com

シソーラス
thasaurus.com

英和 和英 英英 シソーラス
英和・英英・類義語辞典(シソーラス)・反対語辞典一括検索

その他
RNN時事英語辞典

ビジネス英語の検定

ビジネス 英語検定(えいごけんてい)は、 ビジネス 特化した英語の能力を測る検定試験である。英語検定は、狭義では「実用英語技能検定」を指す。広義では、「TOEFL」、「国際コミュニケーション英語能力テスト」(TOEIC)等の英語に関する検定試験一般を指す。

 ここでは ビジネス 英語に関する検定だけでなく代表的な英語検定を紹介する。ただし、ここに紹介するものがすべてではない。

国際コミュニケーション英語能力テスト

 Test of English for International Communication(TOEIC)。実用的な英語力を測定する試験。TOEFLと同じくETSが問題を製作している。学校教育の状況を想定している TOEFL に比べ ビジネス 英語の状況に近い。

実用英語技能検定

 通称は「英検」。日本で創設された英語検定試験である。現在でも日本で最も受験者数の多い英語検定である。検定に合格することで進学や単位取得などで優遇される学校もある。近年ではTOEFLや国際コミュニケーション英語能力テスト(TOEIC)の知名度が高まったことで、かつてほど権威のある試験ではなくなっている。

TOEFL

 Test of English as Foreign Language。米国のETSが問題を製作している。米国をなど北米英語圏の大学・大学院へ留学する際に一定のTOEFLのスコアが必要とされることが多い。

国際連合公用語英語検定試験

 通称は「国連英検」。国際連合の理解、世界平和に貢献できる人材の育成を目的としており、国際人としての常識・資質が多く問われる。ただし名称から受ける印象とは異なり、日本国内でのみ実施されている試験である。

商業英語(国際 ビジネス コミュニケーション)検定

 ビジネス で役立つ実践的な英語力に貿易実務を加えた資格。国際貿易にかかわるならB級以上を目指したい。メーカーや商社の貿易部門の就職にも有利。海外の企業と取引を行うには、英語を読み、話せ、英文での文書作成能力が要求される。また、貿易に関しての専門知識も必要になる。こうした実務レベルの能力を認定する試験が商業英語検定だ。

観光英語検定

 一般英会話や業界独自の専門用語、旅行や ビジネス で来日している外国人への対応や細かな気遣いなどの知識を認定する資格です。


ビジネス英語 最新記事

  • 管理人プロフィール
  • 英語の発音 by フットボールアワー
  • 北朝鮮の外交
  • ジャーナリストの信憑性
  • シャープの人事
  • 番組の影響力
  • エコだけど・・・
  • 株の恐ろしさ
  • 中央は金持ちだね
  • 飲酒運転・ひき逃げの罰則
  • Copyright © 2006 ビジネス英語を身に付ける!ビジネス英語攻略の基礎知識. All rights reserved